2008-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・フィアドーネ(本物)

フィアドーネ

焼く温度、ちょっと高すぎたかも。うっかり目を離した隙に表面割れちゃった・・・。
というわけで、コルシカのチーズを使って本物のフィアドーネ作りました。見た目、その辺のチーズケーキと変わりませんけど!

ブロッチュは、崩すと見た目カッテージチーズそっくりのホロホロとした状態に。そして羊の乳の独特の臭みがほのかに・・・。でもレモンの皮を1つ分入れるからか、焼くとその匂いも全くなくなってました。

カットしたとこ

あわ立てた卵白を後から加えるレシピのため、食感もしっとり柔らか。1日置いて生地が落ち着いたころに食べました。

想像していたより、癖のないアッサリとしたケーキ。チーズ嫌いの相方も、美味いって。大航海時代Onlineが正式サービスを開始した日に生んだ3歳児も、すごい勢いでがっついてましたw
うん、うんまい。やばい。
ああ、残りは別の調理法でと思っていたのに、もう1台ケーキ作りたくなってきた。期待しすぎて実際食べると微妙な味に感じたりするけど、今回は本当に美味しかった。

ところで隣のサルディーニャにも羊のフレッシュチーズを使った、中世から作られているというチーズケーキがあります。『パルドゥラス』といいまして、復活祭のお菓子で、やっぱりレモンの風味を効かせてて・・・セモリナ粉(パスタに使う小麦粉)を練ったピザの土台のようなものにチーズフィリングを乗せて焼くの。作ってみたいなー。

でもブロッチュは残り、250g・・・(・ω・)


完成したオリジナルレシピはこちら
スポンサーサイト

コルシカのチーズが届きました

ブロッチュ!

届いたよ!幻のチーズが、はるばるコルシカ島から。
これがブロッチュ・フレ。熟成期間は2日のフレッシュチーズ。やわらかくて、ぷにぷにしていて、真っ白で、液体に浸ってて、モッツァレラみたい。でもあれよりは、もうちょっと固い。
パッケージの3匹の羊さんがカワイイ(*´▽`*)
上のとこ、リボンの飾りみたいな絵のとこ、これって島のシルエットですね!

ううう~緊張する。
たった500g・・・フィアドーネ2台分の分量です。そして今年はもう手に入らないし、来年はどうなるかわからないので失敗できません。明日、がんばりまっすξ。・x・)ゝ

【海パン屋】URL変更のお知らせ

この記事はDOLプレイヤーの皆様に広くお知らせするために、TBPに投稿させていただいております。

こんにちは!ゴルフゲーム「パンヤ」の大航海時代onlineプレイヤー専用クラブ「海の上のパン屋(略して海パン屋)」、お世話係のウサギミックです。
突然ですが、クラブ紹介サイトのURLが変更になりました。

DOL MEETS PANYA

http://dolpanya.web.fc2.com/


リンクしていただいている方にはお手数をおかけいたしますが、貼り変えをよろしくお願いいたします。

クラブとしては数ヶ月活動していませんが、そのうち何かします!何か、は、します!ヽ(`Д´)ノ
とある筋の情報によると、今はノトス以外のプレイヤーさんでパンヤがプチ流行とか?サーバー対決なんかも面白いかもね!なーんて・・・予定は未定です。

幻のチーズ

先日書きました日本では入手不可能かと思っていた材料が来週あたりに届きます。(ネットショップで予約販売だったのを、期限ギリギリ注文したんですけどw)
『名パティシエのレシピ帳』掲載の、コルシカ島のチーズケーキ「フィアドーネ」の材料です。
このケーキはコルシカのフレッシュチーズでなければ作れないの。何かで「代用」しちゃったら、それはもうフィアドーネではなく、ただのチーズケーキです。だからずっと、ちゃんと本物を作りたいと思ってました。ああ、もうすぐ夢がかなう・・・(*´▽`*)

そのチーズの名前は「ブロッチュ・フレ」。製法はリコッタチーズと一緒で、チーズを作った後の乳清を利用して作ります。作って2日以内に出荷される、本当に新鮮なチーズ。賞味期限は到着後5日・・・なので、ここ数日ずっとフィアドーネのレシピを漁って研究してます。失敗できませんからヽ(`Д´)ノ
(アンジェのビスケットは暫くおまちください。)

ブロッチュ等のコルシカチーズは羊とヤギの乳が原料。DOLのカルヴィで売られているチーズ、あれは見た目は変わらなくても他の港のチーズとは違うのです。だからフィアドーネをDOLで作る時は、絶対絶対カルヴィのチーズを使ってください

調理はロマンです。



あ、フィアドーネのレシピを調べていたら、ついでに「ププランタワー」のようなお菓子(丸い揚げ菓子を蜂蜜がけして、木の実などと一緒にタワー状に積む)がイタリアの地方に伝わっていることを知りました。ナポリに!しかも蜂蜜と木の実ってことろが、クロカンブッシュよりDOLの「ププランツリー」に近い気がしますので、今度作ってみる予定です。

あとポルトガルにも「ププラン」のような伝統の丸い揚げ菓子があるそうです。シロップに漬けて頂くのだとか。リスボンで「昔よく作られていた」なんて話がクエストにもでてきたことを考えれば・・・こっちも作ってみようっと。
世界各地に同じようなお菓子は沢山あるんですけどね。小麦粉を練って熱した油や湯の壷に入れて調理するって、結構原始的な方法ですから。

ププランという名前に、すぐフランス菓子→クロカンブッシュを連想してしまいましたが、実はそれは早とちりだったのかもしれない・・・と思い始めたアンジェリカの中の人でした。早とちりって言うか、うん、ちょっとクロカンブッシュは時代が違う気がする。それにDOLの材料の蜂蜜じゃ、クロカンブッシュみたいに組み立てられないよ!って思ってたもん。別のお菓子なら納得です。

あ。ビスコッティに似ているけどアーモンド等が入ってなくて砂糖も少なめで、昔の航海用食品リストに必ず載っていたというヴェネチアの伝統菓子も見つけました。これもレシピ調べて、いつか作ってみたいな。

冒険、冒険。

わーい、アパートメントがやっとR3になったよ!
次のランクにするためには爵位が足りないよ!

財産の半分をマルセイユのギーズおじさんに持っていったけど、くれたのは西地中海レシピだけだったよ!

ヽ(`Д´)ノ

冒険するしかないみたい。ん、カイジ?ザワ・・・ザワ・・・ってやつですか?それがどうかしましたか?

復帰初めての冒険は、こちらでした。3年前、名前に惹かれて、甲板からサメのうろつく海へ飛び降りるような気持ちで買った(1.5M)、あの王冠。いつか自分でとってやる!ってずっと思ってた。

022108 165910


非優遇でコツコツと地味に上げてきた開錠ランクも、もうすぐ6です。

Read More »

試作は続く

んーんーんー。フォガッサもどきの「アンジェさんのポルトガル風ビスケット」の試作を繰り返すこと、8回。

本に掲載されているレシピだと、どうしても固くなってしまうんですね。だって生地を20分も捏ねるとか・・・現代の日本人の口にも合うようにするには、もう少し軽めな食感のが良いと思うのです。風味や雰囲気が変わらないように、少しずつ分量を変えて、焼き時間や温度も変えて・・・。
もうちょっと、かな。

そういえばブログのカテゴリーが増えています。
「DOL料理研究ノート」は、文字通り料理やレシピの研究メモです。DOLに出てくる料理を調べて試作するところ。今まで作った料理も、とりあえずここに入れています。
そして、新しく作った「旅する小鍋亭 アンジェのレシピ」は↑で調べたレシピを元に、簡単に美味しく作れるように改良した?作った?レシピを置こうと思ってます。過去作った料理も、レシピを見直して掲載する予定です。コンセプトは、アンジェがやっている移動レストラン「旅する小鍋亭」で出されている料理って感じで。

そんで第一弾として、どうしてもポルトガル風ビスケットがやりたいんです。

だってアンジェリカが、DOLで初めて露店したのがビスケットだったから!クローズド時代ですけれどね。リスボンの交易所近くの木の下・・・胡椒木下の「木下」でw
今は銀行前に露店エリアがありますが、クローズド&プレの間は交易所付近が賑わっていたんですよねー。懐かしい!丁度3年前の記事→

というわけで、これから試作9回目いってきます(*'-')

あ!そうそう、以前中途半端な挑戦になってしまった某ケーキ。現地の新鮮な本物の材料を仕入れることができそうです。日本で手に入れるのは無理かと諦めていたので嬉しい!た、高かったけど・・・

600年前のビスケット

以前ご紹介したこともあったような気がする、ポルトガルの伝統菓子レシピ本に掲載されている「フォガッサ(Fogaca)」。リスボン対岸の村に、600年もの間伝わっているビスケット風のお菓子なんだそうです。イースターの時には必ず食べられるとか。
材料は、小麦粉・卵・砂糖・溶かしバター・レモンの摩り下ろし・シナモン。作り方も簡単で、すべて混ぜて成形して焼くだけ。

材料的には、やっぱり前作ったビスコッティのほうがDOLのっぽい・・・・形も違うし。でも、なんせ600年の伝統菓子ですからね。少しアレンジして試作してみました。

PIC_0187_20080315121000.jpg


完成したオリジナルレシピはこちら

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

PROFILE

アンジェリカ @ノトス DOL MEETS PANYA

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

検索フォーム

DOL PLAYER LINK

DOL BOOKMARK

RSSリンク

著作権とか

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 掲載レシピの著作権は、当ブログ管理人にあります。無断転載しないでください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。