2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・パパイヤの肉詰め焼き・・・なの?

「秘伝・カリブ料理」に掲載されている唯一のお料理。木の実、鶏肉、ジャガイモを使います。

現実世界でのレシピを探してみたけど、見つかりませんでした。それなら勝手に妄想で作ってしまえホトトギス☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ イエーイ
料理に使うパパイヤって青いやつ?と思ったんだけど、好きじゃないし手に入らなかったので、普通のパパイヤを使用。
鶏肉はひき肉を、ジャガイモは人参や玉ねぎなどと一緒に1cm弱の角切りに。
炒めた具をホワイトソースでまとめ(塩味ちょっとキツめに)、半分に切って種の部分をくりぬいて取り除いたパパイヤに詰めます。
で、ピザチーズを上に乗せて、あと彩りのためにパプリカ粉とパセリをかけて、とりあえず焼く!

横にきのこのバターソテーもあるよ
い・・・いかがでしょうか!見た目はなんとなく料理っぽい気が!ついでに2色のマッシュルームが余っていたので、『誰でもできる簡単レシピ』のバターソテーに。
さて味はというと。
結構覚悟して食べたのですが、変ではないかな・・・ほら、甘い果肉に塩味って、たとえばスイカに塩とか、メロンに生ハムとかさ、あるじゃないですか。ああいった感じ。それはOKだけど、加熱したフルーツが嫌いって人はダメでしょうけどね。
ただ果肉が食べづらかったので、一度果肉も取り出して食べやすい大きさにきっておいて戻す、みたいな下処理したほうが良かったかなーと反省。

・・・本当はどんなお料理なのかしら・・・

● COMMENT ●

http://www.k2.dion.ne.jp/~dambala/jamaican_cocking.html
http://www.vt-world.com/Archive/2001/May_2_2001/Features.htm
日本語(上)と英語(下)でパパイヤの肉詰め載ってますね。上記は紹介だけなので意味わかりませんが、下はだいたいの内容がわかります。依然私も作ってみようかなと思って探した経験があったので、一応ご紹介。
アンジェリカさんの予想通り青パパイヤですね。で、ヨーロッパの人がアレンジしたエスニック料理みたいな感じの仕上がり?
青パパイヤ、地方(北方系)では手に入らないので、あきらめたのです^^;

うおおおおぉぅありがとうございます!!!!(*´▽`*)

やっぱり青パパイヤですよねー。
そしてトマト・・・トマトだったかー!
南国料理だしそんな予感もしていたんですけど。
あと、あの辺りの料理は香辛料をたくさん使うので
やっぱりエスニック風なものなんでしょうね。

こうしてみるとDOLのレシピには
トマトを使う料理が多い・・・けど交易品にはない(・ω・)

正解だったのは、チーズかけて焼くことだけですね。とほほ。
再挑戦はどうしょうかなぁ。青パパイヤだしなぁ。
・・・鉄刀木さん&桃花さんに任せていいですか?w

青パパイヤが手に入れば・・・まあ、代用品でよければそのうち挑戦してみましょう。
青パパイヤの代用品なら・・・ハヤト瓜とかが一般的ですが、サラダや炒め物に使うのと違って、水分が微妙に多すぎるかも。。。
サラダカボチャ使うってのも手なので、こっちでやってみようかな。これなら実家で栽培しているはずなので、気軽にチャレンジできそうです。収穫する夏以降になりそうですけど^^;
見た目も青パパイヤより黄色っぽいからきれいかもしれない。
トマトに関しては。。。南米特にアンデス方面の都市が実装されないとなかなか出づらそうですねえ。現時点では原産地が地図上に存在してない^^;

んー…

しまえホトトギス しかあってねぇorz

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dolife.blog7.fc2.com/tb.php/280-a624840f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【DOL】第二回水曜メンテ杯開催【パンヤ】 «  | BLOG TOP |  » まじかる☆な誘惑

PROFILE

アンジェリカ @ノトス DOL MEETS PANYA

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

検索フォーム

DOL PLAYER LINK

DOL BOOKMARK

RSSリンク

著作権とか

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 掲載レシピの著作権は、当ブログ管理人にあります。無断転載しないでください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。