2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古くて新しいジャガイモのニョッキ

ストゥルッフォリから、小麦粉団子つながりで『ニョッキ』いくますよっあんじぇたん

元々のニョッキは小麦粉のお団子をお湯で茹でたものでした。思いっきり原始的な小麦粉料理で、ローマ時代から食べられていたそうです。
ここで水ではなく油で茹でたら「ストゥルッフォリ」みたいなのになるわけで、水分量を多くしたら「スイトン」みたいになるんだろうし、それを揚げたら「チュロス」とか「揚げシュー」的なものになるわけですね。大雑把(・ε・)だけど間違いではナイ。

R7087273.jpg


ジャガイモは南米原産。トマトやかぼちゃ、トウモロコシ等、現代では世界各国で食べられている野菜と同じく、スペイン人がヨーロッパへ持ち帰ってきました。大体1530年くらい?
丈夫で、厳しい環境でも比較的容易に栽培できるため、ヨーロッパ各地で飢餓から人々を救ってきたエライ植物なのです。(ジャガイモに頼りすぎて、逆に飢饉になったこともありますが・・・w)

イタリアに南米のこれらの野菜がやってきたのは比較的早かったとのこと。当時、色々とスペインとの関係が深かったのが理由です。
・・・といっても食用とされるのはずっと後なのでして。種から育てる植物ではないことが西洋人にはとても奇妙なことだったので悪魔の植物と呼ばれたりしたのです。失礼しちゃうよね。

食用にされてから様々な調理法が試され、その中でジャガイモのニョッキは美味しい!いける!となって、現代のニョッキといえばジャガイモ入りっていうかジャガイモメイン?となりました。モチモチ、ホクホク美味しいよね。大好き。カボチャのも美味しいよね~

R7087280.jpg


というわけで、今晩はサーモンとトマトクリームソースのニョッキです。
(一人分の量じゃないですよ)

● COMMENT ●

いつのまに

サイト名が変更されていることを今日知りました^^;

最近、見かけないから元気してるのかなぁ

久々ー!

元気だけど忙しいからゲームできないのです。
インカのアップデート後にはちょこっといけたらいいなと思うんだけどね。
INしてもどうせファームか採集放置かですけど('A`)

まあ、元気です。

ちょっと資料をあたってみたところによると、
ジャガイモがヨーロッパに伝来したのは1534年頃のスペインで、
その後は1585年にイギリスへ、1588年にスペインからオーストリアへ、
またベルギーのあたりには1620年ごろに伝わったという話です。

最終的に食料として定着したのは18世紀ごろということです。

こ、コメント放置ごめんなさい・・・
南米征服のときに持ち帰ったもの中にジャガイモがあったんですよね。そこからずいぶん長い年月が・・・
新しい植物を食べ物として定着させるのって、大変なことだったんだなぁと思います。


管理者にだけ表示を許可する

鴨のオレンジソース添え «  | BLOG TOP |  » 怒られちゃった

PROFILE

アンジェリカ @ノトス DOL MEETS PANYA

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

検索フォーム

DOL PLAYER LINK

DOL BOOKMARK

RSSリンク

著作権とか

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 掲載レシピの著作権は、当ブログ管理人にあります。無断転載しないでください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。